恐ろしすぎるヤミ金の実態について調べてみたら想像以上だった

出資法が一部改正されたことでヤミ金による社会問題は減少した、と言われています。
しかし現実には、まだまだヤミ金が世の中から消え去ることはありません。

ヤミ金からお金を借りる人がいなくならない限り、この世からヤミ金はなくならないのでしょうか。

ヤミ金の実態

ヤミ金とはそもそもどのようなものなのか、ヤミ金に手を出してしまったら一体どうなるのか、その実態についてまとめてみました。

ヤミ金の狙い

最近はサラリーマンや主婦が借金を誰にも相談できずにヤミ金に手を出す、というケースが増えてきました。

しかし、やはり闇金がターゲットにするのは、正規の消費者金融や銀行からお金を借りられなくなった多重債務者や自己破産者がほとんどです。

ヤミ金の特徴は、貸金業に対して定められている出資法が制限する金利の上限を遥かに超えた高金利で貸金することです。

多重債務者や自己破産者のような人たちに高金利でお金を貸したところで、回収できる見込みがない場合も多いです。

実はヤミ金の狙いはそこばかりではなく、顧客の情報を売ってお金儲けをすることにもあるのです。

勧誘の仕組み

ヤミ金だと知らずにヤミ金からお金を借りてしまう人のほとんどは、電話勧誘やダイレクトメールによって契約しています。

ヤミ金は違法で業務を行っていますから、「低金利」、「無条件」という甘い言葉を使って顧客を騙すことくらい普通です。

借金のことを誰にも言えずに困っている人なら、そんな誘惑に簡単に負けてしまうと思います。

実は彼らは他でお金を借りられなくなった多重債務者が載っている、「いわゆるブラックリスト」を何らかのルートから手に入れています。

また、自己破産者は官報に住所と名前が記載されていますので、それらの情報を元に、「ヤミ金に手を出しそうな人」に対して電話勧誘やダイレクトメールの送付を行っているのです。

取り立ての手口

ヤミ金融対策法が成立したこともあり、ヤミ金に対する取締りが強化されました。

昔のように暴力的な取り立てを行うヤミ金は減ったものの、最近はその分、巧妙な手口で取り立てを行うヤミ金が増えてきているようです。

本人の勤務先だけでなく、親兄弟や親戚、近所の家にまで脅迫まがいの電話をしつこくかけてくるのはよくある手口です。

その他にも、脅迫文が書かれた電報が送られてきたり、出前や風俗嬢を何件も自宅に送り込むなど、執拗な嫌がらせが報告されています。

最近のヤミ金の取り立ての手口は、まさに「借り手を精神的に追い詰めるもの」であると言えるでしょう。

最後に

調べれば調べるほど、ヤミ金の実態は恐ろしいものであることが分かります。

ヤミ金の被害者が全国で100万人を超える今の時代だからこそ、ヤミ金の恐ろしさを知り、対策について考えていかなければならないのではないでしょうか。

サイトメニュー


ヤミ金コラムはこちら