ヤミ金からお金を借りる人の5つのパターン

ヤミ金は違法な悪徳業者です。

今は「ヤミ金対策法」が成立して昔のように暴力的な取り立てをするヤミ金はほとんどなくなったものの、まだまだヤミ金に手を出して苦しい思いをしている人は後を絶ちません。

お金に困って銀行や消費者金融で借りることが出来なくなり、ついヤミ金に手を出してしまう気持ちは分かるような気はします。

しかしそれでも、ヤミ金に手を出すのだけはどうしても留まってもらいたいものです。

人はなぜ、危険だと分かっていてもヤミ金に手を出してしまうのでしょうか。

ヤミ金からお金を借りる人のパターン

ヤミ金に手を出してしまいがちな人には、いくつか共通するパターンがあります。
もし自分が当てはまるようなら、十分気を付けてくださいね。

多重債務者

「多重債務者」とは、複数の銀行や消費者金融で借金を繰り返している人のことを言います。

ブラックリストに名前が載るとどこからもお金を借りることが出来なくなってしまいますので、高い利子が付くことが分かっていても、ヤミ金に手を出すしかなくなってしまいます。

ヤミ金業者はブラックリストに載っている人の情報を裏のルートから手に入れ、敢えて近づいてくるのです。

そして甘い言葉で、さらなる借金の闇へと導いていくのです。

経営者・事業主

実は中小企業の経営者や個人事業主も、ヤミ金に手を出しやすいと言われています。

中には銀行からお金を借りられなくなった経営者もいますし、会社の信用を守るために敢えてヤミ金からお金を借りようとする人もいます。

ヤミ金はそれを知っているので、狙いやすいのです。

主婦

意外とヤミ金に狙われやすいのが、主婦です。

借金の知識を全く知らず、ヤミ金だと知らずに手を出してしまう主婦が実際にたくさんいます。

パチンコやショッピングで借金を作ったものの、家族にも友人にも相談できず、自分で何とかしようとした末に、気づかぬうちにヤミ金の格好の獲物にされてしまうのです。

高齢者

高齢者ほどヤミ金のターゲットにされやすいものです。

特に一人暮らしで家族の管理下にいない高齢者は、簡単にヤミ金に手を出してしまいます。

最近のヤミ金業者は巧みな手立てで高齢者を騙してお金を貸し付けようとしますので、家族は注意深く観察しておかなければなりません。

他人に相談するのが苦手な性格

一般的にヤミ金に手を出しやすいのは、まじめで几帳面、内向的で他人に物事を相談するのが苦手な性格の人です。

まじめで几帳面な人がなぜヤミ金に...と思うかもしれませんが、意外とそういうものなのです。

家族と上手くいっていなくて相談出来ない人、他人に迷惑をかけたくないと思っている人こそ、ヤミ金の魔の手にかかりやすいものです。

最後に

もしあなたがこの5つのパターンに当てはまるなら、ヤミ金に対する知識をしっかり持って、より気を付けてお金のことを考えなければなりません。

「何があっても絶対にヤミ金にだけは手を出さない」という強い意志を持ってください。

サイトメニュー


ヤミ金コラムはこちら