なぜ危険だとわかっていても人は闇金を利用してしまうのか?その理由を探る

闇金がCMで紹介されているような消費者金融と全くの「別物」であることは、多くの人がご存知だと思います。

貸金業が国や都道府県に対して義務付けられている登録を行わず、定められている法律を無視してお金を貸すのが闇金です。

当然危険なものであることは間違えありませんが、それを分かっていながらなぜ、闇金を利用する人が後を絶たないのでしょうか。

なぜ人は闇金を利用してしまうのか?

なぜ人は闇金を利用してしまうのか、闇金を利用してしまう人とはどのような人なのか、まとめてみました。

多重債務者

闇金の受け皿となるのは、ほとんどが多重債務者です。
消費者金融やクレジットカード会社などから借金をし、その返済が困難になったためにまた別の貸金業者から借金をし...。

正規の貸金業者であれば返済が滞った顧客はブラックリストに載り、それ以上お金は借りられなくなります。

多重債務を繰り返した結果、「気が付けばお金を貸してくれる業者がどこにもなくなった」ときに、例え高利息だということが分かっていても、闇金に手を出さざるを得なくなってしまうのです。

特に会社経営者や個人事業主は、銀行からお金を借りられなくなっても、資金繰りのために闇金に頼るケースが非常に多いようです。

過去に自己破産している

借金の返済が出来ず「自己破産」という形で債務整理を行った人も、闇金に手を出してしまいがちです。

自己破産すれば債務を免責することは出来ますが、その代わり財産の大半を差し押さえられ、クレジットカードを作ることも、銀行や消費者金融からお金を借りることも出来なくなります。

急にお金が必要になってもどこからも借りることの出来ない自己破産者は、闇金にとっては格好のターゲットです。

「自己破産者でも貸します」という内容のダイレクトメールが届けば、例え闇金だと分かっていても頼ってしまいたくなりがちなのです。

闇金だと見抜くことが出来ない

最近は一般の主婦でも借金をするような時代ですから、闇金業者が増えてきているのも無理はありません。

知識のない一般人にとっては、正規の貸金業者と闇金の見分け方がよく分からないのです。
誰もが耳にしたことのあるような大手企業を名乗ってアプローチしてくる闇金業者はたくさんありますので、「まさか闇金だとは思わずに」手を出してしまいます。

闇金の宣伝文句は極端に良い条件のものであり、「1000万円まで無利息」、「ブラックリストでも貸します」と言われれば、借金で困っていて誰にも相談できないような人なら騙されてしまうのです。

最後に

闇金の目的は借金の返済ではなく、「その人の人生をめちゃくちゃにすること」だとも言われています。

だからこそ返済の可能性の低い顧客に、とても支払えないような高金利でお金を貸しているのだということを、覚えておきましょう。

サイトメニュー


ヤミ金コラムはこちら