ヤミ金融の利息はどれくらい?一度利子が付いたら返済不可能なワケ

法律を違反する高利子の徴収や暴力的な取り立て、強引な勧誘など、「ヤミ金融」に対する世間の評価は悪いです。

ヤミ金を取り締まる法律が強化されたことで被害者が減少したと言われていますが、実際のところはまだまだヤミ金の魔の手に苦しめられている人はたくさんいます。

被害者にならないためには、まずはヤミ金についてよく知る必要があります。

ヤミ金融の利息について

「ヤミ金にお金を借りると、返済は不可能」と言われています。
ヤミ金の利息とは一体どのくらい付くものなのでしょうか。

正規の消費者金融の利息

まずは正規の消費者金融の利息について見てみましょう。

「アコム」や「プロミス」、「アイフル」といった大手消費者金融と比較してみれば、ヤミ金の利息がいかに高いものか分かるはずです。

一般的に貸金業者がお金を貸す際には、刑事の出資法と民事の利息制限法が関係してきます。

出資法によると、上限金利は元本に関係なく29.2%。
これを超えた金利を付けてお金を貸すことは、出資法違反となり刑事罰の対象になります。

一方、利息制限法では元本によって上限金利が定められており、10万円未満だと20%、100万円未満だと18%、100万円以上だと15%になっています。

例えば30万円を18%の金利で借りたとすると、1ヶ月の利息は4,438円になるわけです。

ヤミ金の利息

これに反して出資法や利息制限法といった法律を一切無視しているのが、ヤミ金融です。

一昔前までは「10日で1割」の利息が付く「トイチ」が一般的でした。

この場合の実質年利は365.0%になりますから、出資法の上限である29.2%も、利息制限法の上限である20%も、大幅に超過しています。

30万円借りたら10日で3万円の利息が付き、1ヶ月返済しないでいると利息だけで10万円近い金額になってしまいます。

正規の消費者金融の利息と比べると驚きの高さです。

しかし最近は「トイチ」どころか、10日で3割の「トサン」、10日で5割の「トゴ」が主流になっています。

ヤミ金に手を出さなければならないようなお金に困っている人が、これだけの利息を支払うことはまず不可能です。

「先に利息分だけ返済して、元本の返済がいつまでも終わらない」という人が後を絶ちません。

ソフト闇金の利息

一般的なヤミ金に比べて金利も低めで取り立ての手法もマイルドなのが「ソフト闇金」です。

「ソフト闇金なら安心」と思って手を出す人も増えてきているようですが、金利が低めとは言っても出資法や利息制限法の上限は遥かに上回っていますし、違法業者であることには間違えありません。

最後に

「ヤミ金でお金を借りたら返済不可能」と言われる理由がお分かりいただけましたでしょうか。

もし手を出してしまった時は、早めに弁護士事務所を探して相談してみてください。

サイトメニュー


ヤミ金コラムはこちら