個人の法定金利の上限は何パーセント?知っておきたい金利の話

闇金にお金を借りるということは、様々な大きな危険が伴います。

法定金利を遥かに超える金額の金利でお金を貸し付け、返済が滞れば過酷な取り立てをしてその人の人生をめちゃくちゃにするのが、闇金です。

闇金に手を出すことを考える前に、まずは世の中のお金の仕組みについてもっと知っておくべきです。

例えば金利については法律上どのようになっているのか、勉強しておきましょう。

法定金利について

今回は個人間でお金の貸し借りをする際の法定金利についてまとめてみました。

利息制限法と出資法

法定金利について定めている法律には、利息制限法と出資法の2つが存在します。

利息制限法によると、元本が10万円未満の場合の金利上限は年20%、10万円以上100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は年15%というように、借入元本の額に応じて金利の上限が定められています。

一方出資法による上限金利は「年20%」とされており、元本の金額によって金利の上限が定められている利息制限法との食い違いが生じてしまいます。

これについては、利息制限法が民事扱いとなる法律であり、出資法が刑法扱いとなる法律であることを考える必要があります。

例えば元本が10万円以上100万円未満でありながら年18%を超える割合の金利で契約した場合、利息制限法は違反していることになるので契約は無効になりますが、出資法は違反していないので刑事罰の対象にはなりません。

闇金の金利について

では、闇金でお金を借りる場合の金利についてはどうなっているのでしょうか。

そもそも闇金と正規の消費者金融との違いは「法律を守っているかどうか」であり、当然ながら闇金が定める金利は利息制限法も出資法も守られたものではありません。

10日で1割の利子がつく「トイチ」や5割の利子がつく「トゴ」という闇金ならではの用語はテレビなどでも耳にしたことがあると思いますが、元本に関係なくこれだけの割合の利子がつくということがどのようなことなのか、冷静に考えてみれば分かるはずです。

しかしそれでも闇金に手を出してしまう人が後を絶たないわけですが、闇金の存在自体が違法であることから、実際にはこれらの利息を支払う必要はありません。

ただし、相手が闇金だと交渉がスムーズに進まないこと、違法だと分かっていながら闇金に手を出した当人にも責任があるということから、協力的に動いてくれる警察や弁護士は非常に少ない、ということだけは覚えておかなければなりません。

最後に

闇金が提示する金利がいくら高額なものだからと言って、「違法だから払えない」で済む話ではありません。

暴力や脅迫といった手立てで強引に取り立ててくるのが闇金です。

その悪の手から逃れるためにも、まずは闇金がどのようなものなのか、正規の消費者金融とはどう違うのか、しっかりと把握してください。

サイトメニュー


ヤミ金コラムはこちら