ヤミ金に頼らないお金の5つの解決方法

お金に困ってヤミ金に手を出すことを考えたことはありませんか?

ヤミ金は確かに銀行や消費者金融でお金を借りられなくなった人にも貸してくれます。

しかし、ヤミ金は違法な業者です。

貸金業としての登録もしていなければ、法外な金額の利子を付けて弱みに付け込む悪徳業者です。

どうしてもお金に困った時、ヤミ金のことが頭をよぎったとしても、ぜひ思い留まってください。

ヤミ金に頼らなくても、まだ何とかする方法が別にあるはずです。

ヤミ金に頼らないお金の解決方法

ここでは、ヤミ金以外のお金の解決方法をいくつかご紹介します。
あなたの悩みを解決できる方法も、見つけることが出来るかもしれません。

生活保護を受ける

国が行っている公的支援の中には、お金に困っている人を助けるためのものもたくさんあります。

その一つが生活保護であり、母子家庭や病気や怪我で働ける状態でない家庭、働く能力があるのに仕事が見つからず生活に困っている家庭などを対象にして、最低限度の生活を保障するために給付金が支給されます。

生活福祉資金貸付制度を利用する

低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯を対象に、無利子または低利子で資金の貸付を行う「生活福祉資金貸付制度」というものもあります。

他からお金を貸してもらうことが困難と認められた場合、連帯保証人を立てれば無利子でお金を貸してもらうことが出来ます。

住宅支援給付制度を利用する

厚生労働省が行っている支援制度のひとつで、職を失い、再度職に就く意思と能力がある者で、住居を失う恐れのある場合に、給付金が支給されるのが「住宅支援給付制度」です。

職を失って家賃を支払うのが困難になった時は、このような制度があるということを思い出してください。

求職者支援制度を利用する

雇用保険の受給期間が終了したにも関わらず職が見つからなかった者を対象とした「求職者支援制度」についてもチェックしてみてください。

職業訓練を実施し、一定の条件に当てはまれば、給付金が支給されます。

「仕事が見つからないのに雇用保険が受給出来なくなってしまった」と悲観する必要はありません。

消費者金融から借りる

これらの制度を利用できない場合は、消費者金融からお金を借りるしか方法はありません。

消費者金融はきちんとした審査を行った上で貸し付けを行っているので心配はありませんが、利子が付くこと、返済期限を守らなければならないことだけは忘れないようにしましょう。

返済期限を守らなければ消費者金融からもお金を借りることは出来なくなります。

そうなれば「ヤミ金しかない」という結論に達してしまう恐れがあるので、あくまでも「返す当てがあるとき」のみ、消費者金融を利用するようにしましょう。

最後に

お金に困ったからといってヤミ金に手を出すことを考えてはいけません。
ヤミ金はあなたが思っている以上に恐ろしい存在です。

他に何とかする手立てがないか、もう一度よく考えてみましょう。

サイトメニュー


ヤミ金コラムはこちら