ヤミ金の狙いとは

ヤミ金の狙いとは

ヤミ金の本当の狙いとは?
ヤミ金の顧客の中で一番多いのが、多重債務者(ブラックの人)です。
彼らに対して、法外な利息をつけてお金を貸し付けるのがヤミ金です。

しかし、多重債務者にお金を貸しても、返済してもらえる可能性は低そうです。 それに10日で5割もの利息を付けたら、どんな人だって返済は難しいでしょう。

貸金業を経営し、利益を出すために必要なことは何でしょうか?
どれだけ融資申し込みの審査を厳しくするよりも、確実に貸したお金を回収することの方が重要だと思いませんか?
つまり、金貸しは「回収してナンボ」の世界ということです。

しかし、ヤミ金は回収見込みの薄そうな多重債務者や、明らかに返済できなさそうな高い利息を付けていますよね。これは一体なぜなのでしょうか?

理由は、ヤミ金の本当の狙いは『顧客の人生を奪う』ことだからです。

最初からお金がそのまま返ってくると彼らは思っていません。
むしろ、お金が返せない状態に持って行きたいとすら思っているのかもしれません。

ヤミ金の回収手段とは

回収手段としてまず最初に行うのが、違法な取立てです。
脅したり、嫌がらせをしたり...
高い利息を要求し、返済が1日遅れただけで即、家族や職場に怒鳴り込むということも当たり前に行います。
そうして、あなたが回りに助けを求められない状態を作りあげるのです。

あとは、奴隷状態になったあなたをどのようにお金に変えるのかを考えるだけです。

男性なら、マグロ漁船や臓器売買などが一般的に言われる借金の返済方法と言われますよね。
女性なら、夜の世界に引き込んで借金を返済させるなどが一般的だと言われています。

もちろん、法外な利息がどんどん上乗せされていきますから、返済は永遠に続くこととなり、つまり一度ヤミ金の餌食になってしまったが最後、永久にお金を搾り取られ続けることになるのです。

実際に上記のような返済方法も少なからず行われていると思いますが、現実的な所では犯罪に手を染めさせられるケースが多いと言われています。

例えば、ヤミ金の入金用に使われる銀行口座の名義貸しなどがそれにあたります。
犯罪行為の最前線に駒として送り込まれ、最終的に待っているのはあなた自身の逮捕ということになります。

しかし、このような方法はそもそも完全な違法行為です。
弁護士や専門の機関に相談し、自己破産などの手続きを取ることで救いの道があるということを忘れないでください。

次のページは『もしヤミ金の被害にあってしまったら』です。

サイトメニュー


ヤミ金コラムはこちら