ヤミ金に狙われる人とは

ヤミ金に狙われやすい人

ヤミ金が狙う顧客とは?
そもそもヤミ金は、どのような人を対象に目をつけてカモにするのでしょうか?

お金を持っている人?そんな人が借金するの?
お金を持っていない人?そんな人に貸して返済してもらえるの?

こう考えると、ヤミ金を利用する人なんていないんじゃないかとすら思えてきますが、意外な所に高金利なヤミ金の需要はあるもので、そういった人達にお金を貸して、カモにしているのです。

多重債務者

ヤミ金が貸付対象としている中で、最も多いのが、既に他の所から借金をしている多重債務者や、借金のブラックリストの人達です。

もう既に、一般の消費者金融などからも借りることができない状態の人が、高い利息を覚悟の上でヤミ金に融資の申し込みを行います

返済能力のない多重債務者に融資を行っても、お金が返って来る可能性は低そうですが、ヤミ金は構わず貸し付けます。たとえ違法な方法であっても、必ず何らかの形で返済させます

そういった人達が行き着く先は...想像しただけでも恐ろしいですね。

中小企業経営者・個人事業主

お金を持っていない多重債務者だけが対象になるとは限りません。
ヤミ金や悪質業者の中でも結構多いのが、中小企業の経営者や個人事業主などの事業者を対象とした手口です。

銀行から借りることが出来なくなった経営者や、自分の信用を傷つけない為に信用情報に残らないヤミ金を利用する経営者もいるようです。

そして、これから会社を立ち上げようとしている事業者が、銀行から融資を受けることができず、開業資金の一部をヤミ金から借りるというケースもあります。

これらの場合、事業者はヤミ金とは知らずに借りてしまうことも多いようです。
事業者にとって、資金の融資をしてくれる人はありがたい存在です。
しかし、そういう所にヤミ金はつけこんで来るのです。

主婦

主婦の中には全く借金に対する知識を持っていない人も多いです。

ヤミ金の知識を持たない主婦が、新聞の三面広告や、雑誌の広告の「気軽に◯◯万円まで融資します」という言葉に騙され、悪質業者と知らずに借りてしまうのです。

また、パチンコなどのギャンブルにハマってしまい、夫に内緒で借金を作るというのもよくあるパターンです。
友人に借金をするのは恥ずかしい、大手消費者金融から借りると夫にバレる恐れがある。誰にも相談できない...
そういう時に、一見親身になって相談に乗るような優しさを見せて、ヤミ金は近づいてきます。

また、主婦の間では口コミも大きな情報源ですよね。
ヤミ金と知らずに利用している主婦が、パチンコ仲間の主婦に口コミで業者を紹介し、連鎖的にヤミ金にハマって行くことも少なくありません。

一般の人

ヤミ金とは最も縁遠いと思われる一般家庭の人ですが、一歩間違えると顧客になってしまう可能性があります。

その理由として、1つ目は『ヤミ金と知らずに借りてしまうケース』です。
最近は電話勧誘やダイレクトメールの他に、ホームページを作成し、インターネット上で融資の勧誘を行っている業者も存在します。

ホームページを見ただけでは、ヤミ金であるかどうかの判断はつきにくいです。
『住宅ローン金利◯%で融資します』などの甘い言葉に誘われて申込をおこない、融資を受けたら大変な被害にあってしまった。ということもあるのです。

2つ目は、地震や火事などの災害等によって、緊急の事態に陥った場合です。
2011年3月に、東日本大震災が起こりましたが、震災の影響で仕事を失い、家やお金はすべて津波に流され、過去の借金の返済が遅れた経験があるため融資を受けられない...

このような緊急時に資金繰りに行き詰まった結果、高い利息と知りながら、ヤミ金に手を出すしかない状態になってしまうのです。

ちなみに、東日本大震災以降、あるヤミ金業者では収入が30%も増えたのだとか。

誰でもヤミ金の顧客になりうる

冒頭では、『高い金利を支払ってまでヤミ金を利用する人なんているの?』という感じでしたが、このように考えてみると、誰でもヤミ金の顧客になる可能性があることがわかります。

次のページは『ヤミ金の勧誘方法』です。

おすすめサイト

安全な住宅ローンの組み方
わかりにくい住宅ローンの安全な組み方についてご説明しているサイトです。

サイトメニュー


ヤミ金コラムはこちら