融資詐欺にご注意

融資詐欺

高利貸しのヤミ金はまだ良心的な方かもしれません...
なぜなら、法外な利息を要求しても、お金は貸してくれるからです。

近年、ヤミ金と同じくらい増えているのが「融資詐欺」を行う悪質業者です。
「お金を貸しますよ?」と言いながら先に手数料を取り、結局融資は行わずに逃げてしまうというものです。

手数料

融資する前に手数料を先に振り込ませて、それっきり...という手口です。
これは特に、事業者を対象とした事業ローンの詐欺などに多いです。

事業資金の場合、金額も大きいですから、「500万円融資するから、先に手数料を50万円振り込んでくれ」などと要求するわけです。

そんな方法で本当に振り込む人なんているの?と思ってしまいそうですが、実際に同様の手口で被害に合っている人が多数いるというのが現実です。

信用を作る為

「融資する前に信用を作りたいから5万円振り込んでくれ。」
「信用機関に登録するための手数料が2万円必要だ。」
「ブラックリストを消すための手数料が必要。」

こんな感じで、融資前に信用を作るための費用を要求してきます。
ブラックリストを消すことはできませんし、少なくともヤミ金のような小さな業者にそのようなことができるわけもありません。

もちろん、お金を振り込んだが最後。いくら払っても1円の融資もしてくれません。

仲介料

大手消費者金融を紹介し、融資を受けた金額の一部を「仲介手数料」として要求する手口です。
ヤミ金業者と大手消費者金融には全く繋がりがありませんが、あたかも繋がりがあるような言い方で、「うちを通せば審査に通りやすくなる」などと言葉巧みに騙します。

業者を通した所で、大手の融資審査に通りやすくなるわけがありません。
しかし、ヤミ金からすると審査に通れば儲け物。程度に考えているのです。

あなたが無事に大手消費者金融から融資を受けられた場合には、エクスパックなどに現金を詰めて遅れと指示してくるケースが多いです。
エクスパックに現金を入れて送る行為自体、とても怪しいですよね。

先にお金を出したら負け

融資詐欺を行う業者は、言葉巧みにあなたを騙そうとします。
それは、「登録料や手数料」かもしれませんし、「信用を作る為のお金」かもしれませんし、「仲介料」かもしれません。

しかし、一貫して同じなのは『必ず先に金銭を要求してくる』ということです。
自分がお金を借りに来ているはずなのに、逆に金銭を要求された。と感じたら真っ先に融資詐欺を疑いましょう。

次のページは『ヤミ金の見破り方』です。

サイトメニュー


ヤミ金コラムはこちら